1. ホーム
  2. 自分でできる浮気調査
  3. ≫浮気の証拠をつきつけるベストなタイミングは?

浮気の証拠をつきつけるベストなタイミングは?

夫や妻の行動に怪しさを感じたら、浮気を疑う必要があります。仕事から帰ってくる時間が遅くなったり、スマートフォンをトイレやお風呂に行くときも持ち歩いたりロックをかけたりする場合は注意が必要です。怪しいと疑った結果、浮気が明らかになった場合は、直接問い詰めることはせずに、まずは浮気の証拠を集めることが大事です。

浮気の証拠を集める理由

浮気の証拠を集める理由としては、慰謝料を請求するためということが第一にあげられます。浮気が原因で離婚する場合は、精神的に傷つけられた代償として慰謝料を受け取ることができます。しかし、浮気が原因だということが認められなければ、慰謝料の額が驚くほど少ないということがあります。浮気を証明することができずに、適切な額の慰謝料を受け取れないという事態が起きないように、浮気の証拠を集める必要があります。また、浮気の証拠があれば、浮気相手にも賠償金を求めることができます。裁判で浮気の証拠を提出して認められれば、法的に慰謝料を支払うことが義務付けられるので安心です。もし離婚を選ばない場合でも、浮気の証拠があれば、相手に反省を促して謝罪を求めることができます。

浮気の証拠としては、様々なものがありますが、自分で証拠を集める場合は、相手にばれないように行う必要があります。相手にばれたら、浮気の証拠を隠されることがありますので注意が必要です。スマートフォンの通話やメール履歴を確認したり、クレジットカード明細やレシートを集めて、行動範囲を確認します。行動パターンを読み取り、浮気をしていると疑わしい日があれば、先回りしてよく立ち寄るお店を見張っておき、浮気相手と現れたところを写真などに収めます。

ただ相手にばれずに追跡したりするのは難しいですし、時間的に素人では不可能なことがありますから、そういうときは浮気調査のプロである探偵事務所に依頼することをおすすめします。探偵事務所に寄せられる依頼の多くは浮気調査のため、実績が多くスキルの高い探偵が揃っているので、相手にばれずに調査を行うことができます。複数の探偵が連携して調査をするのでばれる心配を最小限に抑えることができますし。暗い部分でも鮮明な写真を撮影できる機器を所有していますので、浮気の場面を逃さずにシャッターを切ることができます。信頼できる探偵事務所に依頼すれば、裁判所が求める書式で調査報告書を作ってくれます。調査報告書は浮気の証拠として認められるので、自分の要望にそった慰謝料を受け取ることができるように力になってくれます。

浮気の証拠の取り方※様々な方法教えます!探偵?動画?

浮気の証拠の取り方を知りたいという方は、おそらくパートナーに不信感を抱いていることと思います。確証はないにしても、日ごろの行動や態度などから浮気を察知するケースはよくあります。さらには、その疑いが実際に的中していることも珍しくないため、あなたがパートナーに浮気の疑いを抱いているのなら、まずは証拠となるものを日々の生活の中で集めていくことが重要です。

浮気調査というと、探偵などの専門家を思い出すかもしれません。もちろん、探偵に依頼して浮気の証拠を集めることもできますが、そこまで本格的な調査には少し抵抗があるという方も多いはずです。そこで、まずは自分でできることからはじめるのがおすすめです。まず今すぐにでもできることとして、毎日のパートナーの行動や気になったところをメモしていくことです。男性であれば手帳、女性であれば手帳や家計簿などでもいいでしょう。箇条書きで数行でもかまいません。帰宅時間は何時か、遅くなる言い訳はなんだったかなど、ちょっとしたことをメモしていきます。

また、ボイスレコーダーで日々の夫婦の会話を録音しておくこともおすすめです。一般の方が浮気の証拠を集めていく中で怖いのが、パートナーにバレてしまうことです。浮気を疑っている段階では特に慎重な行動をしていかなければなりません。ただの取り越し苦労という可能性もあるからです。そのため、動画ではカメラを対象者に向ける必要があるためバレるリスクが高いのに対して、服に隠し持っていてもバレにくいボイスレコーダーが扱いやすいのです。

はじめて浮気の証拠を集めようと思っている方におすすめなのが以上の2点になるのですが、これらの方法で万全かといえば必ずしもそうとは限りません。

用意周到なパートナーの場合、確証となるようなボロを一切見せないケースもあるからです。こうなってくると、やはり実際の浮気現場を動画なり写真なりでおさめる必要が出てきます。この段階で、はじめて探偵に相談するかどうかの検討をします。有能な探偵であれば、証拠なる物的証拠を確実に集めてくれますが、それに伴う費用はバカになりません。一般的な探偵の報告書には、写真などは添付されていますが、動画となるとオプションとなっているところもあります。このように、浮気の証拠の取り方としては、まずご自身ができることからコツコツと情報を集めていき、その後探偵に相談するかどうかを決めるのがおすすめです。

浮気の証拠をしっかりとっておくべき理由!慰謝料を請求するために!

妻や夫、恋人が浮気をしているときは、はっきりした確信がなくても何となく浮気をしているんじゃないかと気づくことがあります。長年一緒に過ごしていたり、一つ屋根の下で暮らしていれば、カンが働くことがあります。しかし怪しいカンが働いたからといって、浮気の証拠として認められることはありません。はっきりした浮気の証拠がないのに、怪しいから浮気を問い詰めたら、言い逃れをしたり、逆ギレして大喧嘩になってしまうことがあります。

言い逃れを許さないように、浮気の証拠をつきつけるタイミングとしては、裁判所が浮気をしていると認めるくらいの確固とした証拠を全て揃えてからにしましょう。浮気の証拠はスマートフォンのメールや通話のやり取りだけでは弱いので、二人がホテルで密会している場面の写真や動画、一緒に旅行に行ったときに泊まったホテルやレストランのレシートやクレジット明細が必要になります。

浮気をしているときは後ろめたい気持ちが働いて、スマートフォンをトイレやお風呂に行くときも手放さないようにしたりロックをかけたりすることがありますし、レシートやクレジット明細もこっそり捨てていることがあるので浮気の証拠を掴むのは難しいでしょう。そのため、浮気をしているのではないかと怪しんだ場合でも、全く気付いていないふりをして油断させます。人間は最初は気を張っていても、慣れてくるとついつい油断しがちです。レシートやクレジットカード明細を家のゴミ箱に捨てたり、スマートフォンを置き忘れるなど油断したときを見逃さずにチェックします。相手の行動範囲を確認したら、浮気相手と訪れてそうなお店などを見張って、証拠の写真や動画を撮影します。

もし自分で証拠集めが難しいと感じたら、探偵事務所に依頼することもおすすめです。信頼できる探偵事務所であれば、裁判所が指示している書式で調査報告書を作成してくれるので、そのまま浮気の証拠書類として提出することができます。浮気の証拠を全て集めたら、そのタイミングで浮気を問い詰めましょう。最初は浮気の証拠を出さずに問い詰めるだけにし、それでも否定するならそのタイミングで浮気の証拠を目の前に並べ、言い逃れを許さないようにさせます。その結果、離婚する場合には慰謝料の協議に入ります。相手が応じない場合は、裁判所に訴えて、浮気が原因で離婚することを浮気の証拠を提出して認めてもらい、希望する慰謝料を得られるように主張しましょう。