1. ホーム
  2. 浮気の証拠集め
  3. ≫【知っ得!】離婚、慰謝料請求に必要になってくる浮気の証拠まとめ

【知っ得!】離婚、慰謝料請求に必要になってくる浮気の証拠まとめ

25
配偶者の浮気が発覚し、浮気が原因で離婚する場合は、配偶者に慰謝料請求したい。もしくは、離婚はしないけれど浮気相手に慰謝料を請求しキッチリけじめをつけたい、と考える方が多いと思います。

離婚請求、慰謝料請求をした場合、配偶者や浮気相手が素直に浮気の事実を認めればさほど揉めずにことは進むかもしれません。
ですが、「浮気はしていない」と事実を認めず話しが進まない場合は、証拠がものをいいます。

ちなみに、夫婦間、浮気相手との話し合いにおいても証拠は大切ですが、裁判になった時にも証拠は必要、というより裁判で離婚請求や慰謝料請求する場合性行為(肉体関係)を確認ないし、推認できる証拠を立証することができなければ推測や憶測の可能性があるとして離婚請求・慰謝料請求を棄却されてしまうこともあります。

ですから、離婚請求、慰謝料請求を考えているのであれば、しっかりとした証拠を集めておく必要があります。

どんな証拠が必要?

26

  • 浮気相手とのラインやメールのやり取り
  • 携帯電話の通話履歴
  • ツーショット写真
  • ホテルやレストラン、プレゼントを購入したと思われる領収書

こられがあるから大丈夫。証拠は握っている!という方もいますが、このくらいでは、残念ながら裁判では証拠として認められません。

もちろん、話し合いの段階でこれらを証拠として出して、配偶者や浮気相手が認めれば「証拠」ということになります。

27

ラインやメールで待ち合わせの連絡を取っていたり、エッチなやり取りをしていたとしても、「食事に行っただけ」「ふざけてメールしただけ」と言われてしまうかもしれません。
携帯電話の履歴も会話の内容がわからないですし、ツーショット写真だってたまたま撮っただけなどいくらでも言い訳のしようがあります。

もちろん、こういったものも、プラスαの証拠として用意しておけるなら用意しておいた方がいいですが、決定的な証拠にはならないため裁判では証拠として扱ってもらうことはできません。

裁判で認められる証拠

28

裁判で証拠として認められるものは、ズバリ性行為やそれに準ずる動画や写真ですが、これらを入手するのはかなり難しいです。

次に、認められやすい物としては、ラブホテルへの出入りの写真やビデオなどです。
ですが、ラブホテルに入ったときの写真だけではやはり証拠としては弱く、何時に入室し何時に退出したか、滞在時間も証明する必要がありますので、写真でも動画でも必ず日時を残こしておく必要があります。

32

それから、浮気相手のアパートに通っている場合もラブホテル同様に必ず滞在時間がわかるように日時を残す必要があります。
できれば、部屋の明かりが消えた時間~再びついた時間などもわかるようにしておくと良いでしょう。

ちなみにラブホテルへ入った場合、一般的に目的はひとつですから、1回証拠を押さえておけばいいと言われていますが、「酔った勢いで1度だけ」など言い逃れされることもありますし、継続した関係!というのもポイントとになりますのでで、きれば2回は証拠を残しておくことをお薦めします。

また、浮気相手の部屋やビジネスホテル、旅館などベットやふとんが2つ以上あるところに入った場合は、3回以上証拠をとる必要があります。

これらは、裁判で証拠として認めてもらえるケースがほとんど(100%とはいえませんが)ですから、しっかりと写真なり画像なりで残しておきましょう。

あとは、前述のプラスαではありませんが、これらも集めておくといいでしょう。

  • ラブホテルの割引券&ポイントカード
  • カーナビの履歴
  • クレジットカードの明細

また、配偶者の帰宅時間などを日記に書いておくこと。
友人など第三者の証言があればそれも証拠のひとつになります。

慰謝料請求する場合

29慰謝料請求する場合、例えばパートナーの浮気が原因でうつになり病院へ通っている、入院している(入院したことがある)といった場合は、診断書も用意しておくとよいでしょう。

また話し合いの最中に暴力を振るわれた場合も同様に、診断書をとっておくようにとしましょう。
傷が分かる場合は、写真もあるとなお良いです。

浮気の慰謝料には時効がある!

30

いつまでも浮気の慰謝料を請求できるのかと言えば、そうではありません。
浮気の慰謝料請求にも時効があります。

  • 浮気を始めた時から20年
  • 浮気を知ってから3年

簡単に言えば、20年前の浮気を今日知っても今日から3年間、慰謝料を請求できるということです。
ただし離婚後は、3年間で慰謝料の請求権がなくなった判例があるので、注意が必要です。

※また浮気相手の氏名や住所等がわからなくて慰謝料を請求できなかった期間は、この3年には含まれません。

時効間近でもあきらめちゃダメ!

31

慰謝料が請求できる3年のカウントは、ストップさせることができます。
それは、内容証明郵便を送ること。

法律上で催告と呼ばれる制度です。
この場合は、6か月間カウントがストップします。

その間に督促や訴訟を行えば、その時点から新たに3年のカウントダウンが始まります。
つまり督促や訴訟を行うと、3年がリセットされるというわけです。

期間的に少し余裕がある場合は、内容証明郵便を送らずに督促や訴訟に踏み切ることも可能です。

いずれにしても証拠がなければどうしようもありませんから、有効な証拠を揃える必要があります。

まとめ

「性行為の動画やそれに準ずる動画や写真」以外は確固たる浮気の証拠とはならなりません。ですから、浮気の証拠として認められる可能性が高いものをしっかり抑えたうえで、上記のような証拠になりえるものを出来るだけ多く用意しておくことが離婚請求や慰謝料請求するうえで大切です。

33

と、いってもなかなかホテルや浮気相手の部屋への出入りを掴むのは、素人には難しく、尾行していることがバレてしまったために、相手はより慎重になり、証拠を掴みにくくなってしまうことがあります。

そうなってから、プロ(探偵)にお願いする方も多いようですが、相手が尾行されている・調べられていることに気づいてしまってからではプロに頼んだとしても、調査に日数がかかってしまうことが多いようです。

もし本気で離婚、慰謝料請求のことを考え証拠が欲しいなら、信頼できる探偵社を探して依頼するのが賢明と言えるでしょう。